ご連絡先

tel.045-333-5488

〒240-0006 横浜市保土ヶ谷区星川2-3-7
■診療時間
[ 月 ・ 火 ・ 水 ・ 木 ・ 金 ]
 9:00 ~ 12:30 / 15:00 ~ 21:00
[ 土 ] 9:00 ~ 15:00
■休診日 / 日・祝

保険診療

  • TOP
  • 保険診療
保険診療

保険診療の対象

伊藤接骨院では各種健康保険の取扱いをしています。

骨、関節、筋肉、腱、靭帯などの運動器が急性または亜急性に損傷されたもので

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)、ぎっくり腰、寝違い、などが健康保険の対象となります。

急性

急性

ぶつけた、捻ったなど原因が明らかで瞬発的な力によって損傷が発生したもの。

亜急性

亜急性

スポーツ時や日常生活において、反復あるいは持続する力が作用し、損傷が発生したもの。
痛みが突然発生するものと、徐々に出現してくるものがある。

治療にお越しいただく前に

現場での応急処置が大変重要です。RICE(※)に準じた応急処置を即座に行いましょう。

※Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。
RICE処置を損傷直後に適切に行うことで、治癒を早め競技への復帰を早めることができます。

【RICE詳細】

  • Rest(安静)-スポーツ活動の停止
    受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。
    しかし、患部を安静させずに運動を続けることでその作業の開始が遅れてしまいます。
    その遅れが結果的に完治を遅らせリハビリテーションに費やす時間を長引かせてしまいますので、受傷後は安静にすることが大切です。
  • Ice(アイシング)-患部の冷却
    冷やすことで痛みを減少させることができ、また血管が収縮されることによって腫れや炎症をコントロールすることができます。
  • Compression(圧迫)-患部の圧迫
    適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症をコントロールすることができます。
  • Elevation(挙上)-患部の挙上
    心臓より高い位置に挙上をする事で重力を利用し腫や炎症をコントロールすることができます。

伊藤接骨院

〒240-0006 横浜市保土ヶ谷区星川2-3-7
■診療時間
[月・火・水・木・金]9:00~12:30/15:00~21:00 [土]9:00~15:00
■休診日 / 日・祝

お問い合わせ 

TEL & FAX.045-333-5488